開催レポート

家庭のフードロスを見える化すれば、可処分所得もアップする!?

もったいない文化×センサー技術×AIによる食品ロス問題解決/南 俊輔 (グロービス経営大学院)

プレゼンテーション概要

南さんがプレゼンテーションしたのは、家庭の食品ロスを軽減するためのソリューションとなり得るAIを搭載したディスポーザーです。

日本国内ではまだ食べられるにもかかわらず523万トンの食品が廃棄されています。南さんは「農林水産省のデータでは、食品廃棄の半分が家庭で発生していることが明らかになっていますが、最新データが一昨年度前のものであること、世帯ごとのデータがつかめない…などの結果、自分ごと化が難しく、行動変容には結びつきづらいのが現状です」と課題を提示します。

その解決策として南さんが提案するのが「一般消費者が食品ロスの削減に取り組む」こと。これによって各家庭の可処分所得の増大が期待され、経済的利潤の追求は、そのまま国全体の食糧費削減という社会価値創造につながると考えています。

実際に行動変容に至らせるための一歩は「関心を持つ」ことだとし、「そのために必要となる要素は、情報の鮮度、粒度、客観性です。一般消費者にとって1年前ではなく、昨日の夜のデータ、国や地域全体ではなく、自分の家庭の定量化されたデータが必要だと考えました。この定量化したデータの取得のために、テクノロジーの力を利用します」と、ソリューションを提示します。

それが、食品廃棄のタイミングでセンシング技術を駆使し、廃棄量を可視化するディスポーザーです。センサーを搭載したディスポーザーが、生活動線に溶け込み、廃棄すると同時に食品ロス量を可視化、さらにスマホにその情報がタイムリーに反映されるというもの。

「日々の生活のムダをキャッチアップ、そこに消費者が少し工夫をしていくことで、その効果が現れお得感を感じてもらえる仕組みです」と、南さん。センサー付きディスポーザーでは廃棄された食材をAIが分類推定し、食材別単価のデータベースと突き合わせて重量を金額に換算するという仕組みです。

このデータを活用することによって、より小さな商圏やより期間限定的なニーズを掘り起こすことも期待できます。南さんは、「各自治体や関連省庁では、自動集計を可能にし、食品ロス量の集計作業の時間短縮化、業務効率化、焦点を絞った具体的かつ効果的な施策が可能となります。また、事業者が蓄積されたミクロ単位の消費者の行動データを取得することで、需給のミスマッチを極小化につながります。事業系食品ロスを低減、同時に廃棄コストの低減が可能です」と締めくくりました。

審査員講評

アグリビジネス投資育成株式会社の松本恭幸さんは、「大部分の家庭にディスポーザーがない。ディスポーザーをつけるようなインセンティブを持たせなくちゃいけないのではないか」と問題点を指摘しました。一方、アグベンチャーラボの荻野浩輝さんは「ディスポーザーの普及は、松本さんからもお話あった通りに時間が結構かかると思います。だけど、僕は時間をかけてでもやる価値あるんじゃないかと思いました」と、太鼓判を押していました。結果、南さんの提案はアイデア部門の優秀賞を受賞。荻野さんは選出の理由について「高い志とパッションを感じましたし、社会に大きなインパクトを与えてくれるのではないかと思いました」と、話していました。

受賞者インタビュー

その他のプレゼンテーション

当サイトを使用することにより、クッキーの設定および使用に同意したことになります。 詳細については、プライバシーポリシーを参照してください。

⬆︎ページトップへ